ロゴロゴロゴロゴロゴ
 

 

歴史 コツ

良い悪い 選び方

スタイル ポイント

ブラインド 種類

お手入れ

 

 

カーテン選びは慎重に/カーテンとインテリア

カーテン選びのポイント

〜カーテン選びは慎重に〜

実は、このカーテン選びひとつで、自分の部屋の雰囲気はがらりと変わってしまうものなのです。もしインテリアで全体の統一感を出したいという人は良いカーテンを慎重に選ぶべきです。しかし、この時カーテン選びを自分ひとりで行おうとすると、失敗する事が多いので必ずプロの意見も聞きましょう。そして、できればカーテンを購入する前に実際に部屋にかけてみてからどれを買うかを決めるようにしましょう。

実際、失敗しがちなカーテンの選び方というのは、お店やカタログでカーテンのサンプルだけを見て決めた場合です。頭の中では部屋の印象と完全にマッチしているように思えるのですが、カーテンを実際に部屋にかけてみたら、こんなはずじゃなかった・・・とカーテンを購入したことにより後悔するのがこのパターン。ですから、お店でカーテンのサンプルだけを手にとって速攻で決めるというのはやめましょう。少々面倒かもしれませんが、一度部屋にかけてみてからカーテンを選ぶことを管理人は強くお勧めします。

それと同様に、同じくらい重要な事がカーテンレールをどの位置に取り付けるかということです。カーテンレールを取り付ける位置によって、折角時間を掛けて一生懸命に選んだお気に入りのカーテンが全然きれいに見えない場合もあるのです。カーテンレールを部屋の窓枠に対して一体どのように取り付ければ縦と横のバランスがしっかりと取れるのかと言うことを確認しながら取り付けるようにしましょう。

 


〜カーテンとインテリアでの重要性〜

カーテンを選ぶという作業は、部屋全体のインテリアを考える上ではかなり重要な要素です。カーテンというのは何と言っても面積が広いので、部屋全体の雰囲気を左右してくるからです。カーテンの後悔しない選び方というのは、カーテン選び、設置のプロの手によるカーテンの正確な採寸、そしてカーテンレールの取り付けや設置するカーテンを実際の原寸大の生地見本で選び、カーテンを実際に使うお部屋に持って帰って合わせて見ることが何よりも大切です。注意すべき点としては、いくらデザインの気に入ったカーテンだからと言って、カーテンをお店で決めてしまってはならないということ。

カーテンショップには必ずその生地のサンプルがあります。カーテンの生地を正方形に小さく切った物です。でも、この大きさでは生地が小さすぎる為、どうしても品質の善し悪しも判断し難く、実際にカーテンを部屋にかけたときの部屋のイメージがしにくいのです。カーテンはできることなら部屋にかけてみて選ぶ気持ちも大切です。

同じように、もうひとつ重要な事というのはカーテンレールの取り付け場る所です。カーテンレールを正しくつけないと、縦と横のバランスが悪くなり、せっかくのカーテンがキレイに見えないことになります。窓枠に対してどの位置にカーテンレールをつけるのが一番いいのか良く考えながらカーテンレールを取り付けることをお勧めします。

最近は、ハウスメーカーがカーテンレールをどんなカーテンになるのか解る前に取り付ける事があります。これは逆です。カーテンレールはあくまでも脇役。また最近では窓装飾用品は多様になってきているので、カーテンレールが必ず必要とは限りません。カーテンレールが不要な場合に撤去するなんていうことになれば、壁面にカーテンレールのキズ穴だけが残ってしまうので気をつけましょう。

 

鏡なり

やぁ

↑心です

  (c) 2008 俺ン家のカーテン