ロゴロゴロゴロゴロゴ
 

 

歴史 コツ

良い悪い 選び方

スタイル ポイント

ブラインド 種類

お手入れ

 

 

テイスト/彩度/コーディネート

カーテン選びのコツ

〜まずはテイストから〜

まずはじめに、“どんな部屋にしたいか”と言うことをハッキリと決めることです。シンプル モダン、アジアンテイストにクラシックテイスト・・・。考えれば考えるほど、いろいろジャンル分けはありますが、どのテイストにしたいかをきっぱり決れば簡単です。しかし実際は、どのテイストにも属さないようなオーソ ドックスな部屋づくりをされていて、そこに掛けて自分好みに仕上ていくような場合がほとんどだと思います。

ミディアムオーク色のフローリングに、アイボリーの無地の壁、家具もよくある普通の木製。「この部屋にはどんなカーテンが合いますか?」と聞かれると一番困る。どうしてかって?そういった部屋にはどのカーテンを入れてもある程度の形には仕上がるからです。その様な時にはまず、「どうしたいか」をハッキリさせる事です。

・「部屋が広く見えるようにすっきりさせたい」

・「明るく見えるようにしたい」

・「豪華な感じにしたい」

これだけでも立派な“テイスト”です。じゃぁ、まずはそこからはじめましょうか。テーマが決れば後は進んでいくだけなので簡単です。この時に出来るだけ色は決めておかない方が後々になって簡単です。なぜなら意外な色が合う事があったとしても、はじめに決めてかかるとその意外な発見を見逃してしまうからです。しかし全体を何かの色で統一させようとする場合や、自分が嫌いな色があったりする場合は別です。
引越しや部屋の模様替えと合わせて、気分一新新しいカーテンにしてみませんか。


〜彩度をよく考えて〜

カーテンをお店やカタログで見て見た時、まず一番重要視しなければならないのは、“テイスト”です。本当に部屋のイメージに合うカーテンかどうか、パッと見の“感じ”が重要で、理屈で市から考える場合だと大変な情報処理が必要になり、知恵熱が出てしまうかもしれませんので、これはあくまでもパッと見の“感じ”で十分です。カーテンを一目見た感じで「なんかクラシックだな」とか「これはなんだかシンプルだな」とか、ただそれだけです。それが自分の考えているテーマや部屋のテイストに合っていれば、 そのカーテンは購入候補になります。ただ、テイストがはっきりしているカーテンもそんなに多いものではありませんので、これだけでは、本当に自分の部屋に合うカーテンかどうかを決めることは難しいと思います。

カーテン選びでテイストの次に大事な事は、彩度です。“鮮やか”とか“くすんだ”などと表現する、色の要素の1つです。「色の3要素」には、色相(赤、青、黄など)・明度(明 やかなるい、暗い)・濃度(濃い、薄い)とありますが、この明度と濃度を合わせた物が“彩度”と呼ばれています。難しい事は抜きにして、実例で説明していきます。

例えば、右の写真のような鮮やかな色のソファーや小物が 多い部屋。子供部屋が良い例で、おもちゃなどは鮮やかな色が多いので、部屋全体の彩度が高く、高彩度の鮮やかな色のカーテンが合います。その反対は和室で す。畳やふすまなど、部屋全体の彩度が低く、低彩度のカーテンが合います。これらは極端な例だとしても、この事を応用して、アジアンテイストやナチュラル な家具の部屋には“低彩度”のカーテンを、ビタミンカラーを多用したポップな部屋や、輝度の強い(艶やかな)マホガニーの家具などを多用した部屋などには “高彩度”のカーテンを合わせていけばよいのです。


〜色をコーディネートする方法〜

コーディネートの理論には実に色々な手法がありますが、“トーン・イン・トーン”という手法と“トーン・オン・トーン”と言う手法があります。カーテンのコーディネートにおいて、これらのことさえ知っていればまず殆ど失敗することが無いと言っても過言では無いでしょう。もちろん、実際にはこれに当てはめる事のできないコー ディネートというのもありますが、まずこれが基本中の基本になりますので、必ず覚えておいて下さい。ちょっとややこしいのですが、別に難かしいことはないですので覚えておいて下さいね。

“トーン”というのはは先述の“彩度”の事です。この彩度と色相(赤、青、黄など)との組合せを利用してコーディネートしていく配色方法です。“トーン・イン・トーン”とは、定のトーンで統一して、色相で変化をつけていく手法の事を言います。先述の子供部屋や和室の例はまさに“トーン・イン・トーン”です。乱暴な言い方ですが、ある程度バラバラな色でも、トーンさえ合っていれば調和が取れてしまう事が多いのです。一方、“トーン・オン・トーン”とは、色相を一定にして、トーン(彩度)で変化をつけていく手法です。例えば「部屋全体をブルー系で統一したい」などという場合に使います。

ここまで読んで気づいた方もいるかも知れませんが、どちらの手法も、色相か彩度のどちらかは変化させています。つまり、どちらもあってしまっているのは好ましくないありません。全く同じ生地でカーテンとベッドカバーや椅子のカバリングなどを作る場合などは良いのですが、同じようでもちょっと違うというのが一番良くありません。同 じ色の場合、せめて多少トーンを違えた方が良いと思います。例えば、グリーンのソファーがあって、その奥にカーテンを吊るす場合、もし仮に同じ様なグリー ンのカーテンにしてしまうと、同化してしまってどちらもボケてしまいますね。色をかえるかトーンを変えると良いでしょう。

 

鏡なり

やぁ

↑心です

  (c) 2008 俺ン家のカーテン